147: 虐待の疑いがあるケースに関わっています。地域包括支援センター(ささえりあ)の方から「高齢者本人の分離・保護を」との意見がありました。その方法とはどのようなものでしょうか?

147: 虐待の疑いがあるケースに関わっています。地域包括支援センター(ささえりあ)の方から「高齢者本人の分離・保護を」との意見がありました。その方法とはどのようなものでしょうか?

高齢者虐待防止対応マニュアルで示されている分離・保護の方法は、次のとおりです。

①高齢者や家族の同意がある場合
介護保険を利用したショートステイや施設入所又は入院

②高齢者(判断能力のある方)の同意が得られない場合
緊急時以外はキーパーソンを通じて働きかけ、高齢者の同意を得るよう努めます。

③高齢者は同意しても、養護者の同意が得られない場合
医療ケアが必要な場合は入院、必要でない場合は「やむをえない措置」によるショートステイ等の対応をおこないます。