150: 被虐待者あるいは、虐待者が虐待の事実を認めない場合や支援を求めない場合の対応はどうしたらよいですか?

150: 被虐待者あるいは、虐待者が虐待の事実を認めない場合や支援を求めない場合の対応はどうしたらよいですか?

高齢者の生命や身体に重大な危険を生じているおそれのある場合は、立入調査等が必要となりますが、そうでない場合は、民生委員や個人情報保護法の範囲で地域の方の見守りや協力をお願いすることもあります。

関係者によるケース会議で支援課題、対応策を検討し、連絡調整に努め、地域包括支援センター(ささえりあ)が状況の変化があれば迅速に対応します。