173: 老老世帯ですが、入院中の寝たきりの夫を自宅に連れて帰りたいのですが、どのような介護サービスを利用すれば、うまく自宅で世話ができるようになるでしょうか。

173: 老老世帯ですが、入院中の寝たきりの夫を自宅に連れて帰りたいのですが、どのような介護サービスを利用すれば、うまく自宅で世話ができるようになるでしょうか。

昼夜を問わず定期的に複数回、介護士(ヘルパー)や看護師が自宅を訪問し、体を拭いたり、着替えやおむつの交換、食事の介助、お口のケアなどの介護を行っていただけます。

定期的な訪問時間帯の合間に排便などあった場合は、事業所へ連絡されると、随時介護士(ヘルパー)が自宅を訪問し、おむつ交換などの支援をされる定期巡回随時訪問介護看護のサービスの利用をお勧めします。

お風呂については、自宅に浴槽を持参され、寝たまま入れる訪問入浴サービスがあります。
車椅子などを利用して、通所サービスが利用できるようでしたら、施設での入浴も検討できます。
特殊寝台や車椅子などはレンタルできます。

治療については、定期的に自宅を訪問し、診察治療を行い、病状の急変時は往診で対応してくれる医師を探しましょう。また、訪問診療をされる医師は、看護師とも連携され、病院と同じように自宅で治療を受けることができます。