障害者手帳

障害者手帳


障害者手帳は、身体・知的・精神に障がいのある方に対して交付される福祉手帳です。手帳を持つことによって、各種福祉サービスが受けやすくなり、さまざまな相談を受けることができます。

各種障害者手帳について

対象者

身体障害者手帳 療育手帳
対象者 目や耳、手足などに一定の永続する障がいのある方が対象です。障害の範囲としては、視覚障害、聴覚または平衡機能の障害、音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害、肢体不自由、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸、小腸、免疫、肝臓の機能障害があります。また、障害の程度は、重いほうから順に、1級から6級まで分けられます。 一般的知的機能が明らかに平均よりも低く、同時に適応行動に障がいを伴う状態で、それが18歳までに現れた方。18歳以降の病気・事故などにより障が いが現れた方は対象になりません。

申請手続

身体障害者手帳 療育手帳
申請場所 各区役所福祉課及び各総合出張所での申請手続きができます。
各区役所福祉課(中央・東・西・南・北)
各総合出張所(北部・河内・飽田・天明・城南・清水・花園・託麻・幸田)
申請時に
必要なもの
  • 診断書
    ( 指定を受けた医師の診断を受けて下さい)
  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 顔写真(たて4cm×よこ3cm)1枚
  • 印鑑(申請者本人のもの。シャチハタ不可)
  • 療育手帳交付等申請書
  • 顔写真(たて4cm×よこ3cm)1枚
  • 印鑑(申請者本人のもの。シャチハタ不可)
    <再判定の場合>
  • 現在お持ちの療育手帳
申請後交付
までの期間
新規で申請をされる場合や障害の等級を変更される場合など、医師の診断書が必要な申請については、交付まで目安として1~2ヶ月ほどかかります。また、医学的な判断を要する場合には、別途お時間をいただく場合もあります。 新規交付や再判定の場合、児童相談所もしくは障がい者福祉相談所で面接を行いますので、申請から面接まで約1ヶ月~1ヶ月半、面接から判定決定まで約1ヶ月かかります。ただし、面接の予約状況や、追加での調査が必要な場合は、この限りではありません。
代理申請 代理での申請も可能です。その際は、申請時に必要なものを預かっていただき、忘れずにお持ち下さい。

変更手続

身体障害者手帳 療育手帳
等級変更 再度、診断書の審査をしたうえでの交付となりますので、必要書類をお持ちになり、各区役所又は総合出張所で申請手続きをお願いします。また、必要書類については、基本的に新規申請の際と同じです。詳しくは各区役所福祉課にお尋ね下さい。 再度、面接させていただき、程度の判定を行いますので、必要書類をお持ちになり、各区役所又は総合出張所で申請手続きをお願いします。また、必要書類については、基本的に新規申請の際と同じです。詳しくは各区役所福祉課にお尋ね下さい。
住所変更、
名前の変更
各区役所又は各総合出張所で手続きして下さい。
また、申請時には印鑑と現在お持ちの障害者手帳が必要になります。
熊本市へ転入、
市外に転出
※熊本市へ転入される場合や市外へ転出される場合には、転入先や転出先の自治体の窓口にて、届出や手続きが必要になります。手帳ごとに手続きが異なりますので、それぞれの窓口にお尋ね下さい。

■各種申請手続きに必要な書類は、熊本市ホームページからもダウンロードできます。
URL : http//www.city.kumamoto.jp/

身体障害者手帳
療育手帳
トップページ ⇒ 分類から探す ⇒ 健康・福祉・子育て ⇒ 障がい者(児)福祉 ⇒
障がい者(児)の相談⇒障がい者福祉相談所

対象者

精神障害者保健福祉手帳
対象者 精神疾患を有する方のうち、精神障がいのため長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方。統合失調症、気分(感情)障害、てんかん、中毒精神病、器質性精神障害、発達障害、その他の精神疾患が対象になりますが、知的障がいについては療育手帳制度があるため対象には含まれません。

申請手続

精神障害者保健福祉手帳
申請場所 各区役所福祉課及び各総合出張所での申請手続きができます。
各区役所福祉課(中央・東・西・南・北)
各総合出張所(北部・河内・飽田・天明・城南・清水・花園・託麻・幸田)
申請時に
必要なもの
<診断書による申請の場合>
  • 障害者手帳申請書
  • 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)
  • 顔写真(たて4cm×よこ3cm)1枚
  • 印鑑(申請者本人のもの。シャチハタ不可)
<障害年金証書による申請の場合>
  • 障害者手帳申請書
  • 障害年金証書の写し
  • ・直近の年金振込通知書の写し
申請後交付
までの期間
交付の準備ができるまで、診断書申請では約1ヶ月、障害年金証書申請では約1ヶ月半近くかかります。
代理申請 代理申請は不可ですが、代行は可能となります。代行申請の場合、必ず本人押印および代行申請者の押印が必要です。(申請書氏名が本人直筆でも本人押印が必要)

申請手続

精神障害者保健福祉手帳
等級変更 再度、診断書による申請又は精神障害者保健福祉手帳による申請の審査をしたうえでの交付となりますので、必要書類をお持ちになり、各区役所又は各総合出張所で申請手続きをお願いします。また、必要書類については、基本的に新規申請の際と同じです。詳しくは各区役所福祉課にお尋ね下さい。
住所変更、
名前の変更
各区役所又は各総合出張所で手続きして下さい。
また、申請時には印鑑と現在お持ちの障害者手帳が必要になります。
熊本市へ転入、
市外に転出
※熊本市へ転入される場合や市外へ転出される場合には、転入先や転出先の自治体の窓口にて、届出や手続きが必要になります。手帳ごとに手続きが異なりますので、それぞれの窓口にお尋ね下さい。

■各種申請手続きに必要な書類は、熊本市ホームページからもダウンロードできます。
URL : http//www.city.kumamoto.jp/

精神障害者
保健福祉手帳
トップページ ⇒ 分類から探す ⇒ 健康・福祉・子育て ⇒ 障がい者(児)福祉 ⇒
障がい者(児)の相談 ⇒ こころの健康センター ⇒ 各種ダウンロード

更生医療について

内容

身体障がい者の障がいを除去または軽減し、日常生活の向上を図るための医療に係る医療費助成制度です。

対象者

身体に障がいを有する方であって、身体機能の改善、維持等の確実なる治療効果が期待でき、その障害の部位で身体障害者手帳を所持している18歳以上の方が対象です。18歳未満の方は育成医療の対象になります。

助成の対象となる医療費

一般医療(治療)を終え、すでに治癒した身体障がいに対する、日常生活能力、社会生活能力等の回復、向上を目的とする医療費が対象となります。例としては、目・耳・関節・心臓等の手術、人工透析、腎移植、抗HIV療法、肝臓移植などがこの医療費助成の支給対象となります。

更生医療を利用できる病院

更生医療をご利用される場合は、指定された医療機関に限りますので、あらかじめ医療機関や各区役所福祉課又は各総合出張所にご確認下さい。
【医療機関の変更】
更生医療を受ける病院を変更する場合は、医療機関変更の手続きが必要になりますので、各区役所福祉課又は各総合出張所で変更手続きをお願いします。

申請手続

各区役所福祉課又は各総合出張所で申請でき、本人の管轄区以外の窓口でも申請できます。
申請には
①本人の印鑑(認印可)  ②申請書(窓口にあります) ③更生医療の意見書
④身体障害者手帳(手帳と同時申請の時は不要) ⑤本人及び本人と同一保険に属する者の保険証
⑥特定疾病療養受療者証(腎臓機能障害の方のみ)が必要になります。
また、本人が窓口に来られない場合は、ご家族等、代理の方でも申請できます。委任状などは必要ありません。

申請後の流れ

助成決定は本人と医療機関に通知で連絡します。その際に、本人には受給者証もお送りいたします。受給者証が更生医療の受給資格がある証明になりますので、医療機関から提示を求められましたら、ご提示下さい。


関連するサービス