認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

  • 介護給付
  • 予防給付

内容

認知症を持つ高齢者が9人以下の少人数で共同生活をしながら、入浴、排せつ、食事等の日常生活上の世話、機能訓練の提供を受ける施設です。形態としては民家風、アパート風、ミニ施設風などさまざまです。少人数の中で「なじみの関係」をつくり上げることによって、生活上のつまづきや行動障害を軽減し、心身の状態を穏やかに保つことができます。
また過去に体験したことがある役割、たとえば食事の支度、掃除、洗濯等を家庭的な雰囲気の中、スタッフの手を借りながら各自ができる部分を行い、潜在的な力をのばすよう働きかけ、認知症の症状の改善や進行の防止を図ります。

対象者

要支援2 要介護1~5

定員

1ユニット5人以上9人以下

※1事業所2ユニット以下から3ユニット以下に拡大されましたが、熊本市では現在、1事業所2ユニット以下までの指定となります。

費用

介護サービス費用


短期利用共同生活介護

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の空いている居室を利用し、あらかじめ30日以内で利用期間(退所日)を定め利用することができます。
※サービス内容・対象者は上記と同じです。 ※月額の家賃は日割り計算で算出されます。

関連するサービス

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関するQ&A

他のQ&Aを見る