短期入所(ショートステイ)

短期入所(ショートステイ)


介護にあたる家族の病気、仕事、冠婚葬祭、旅行などのため一時的に介護が不可能な場合、要介護者が施設等に短期間入所して、介護、訓練機能、その他必要な医療等を受けることにより、療養生活の質の向上や介護者の身体的、精神的負担の軽減を図ります。

短期入所(ショートステイ)

  • 介護給付
  • 予防給付

内容

  • 短期入所生活介護
    福祉系の施設(特別養護老人ホーム、地域密着型特別養護老人ホーム)等を利用し、入浴や食事等の日常生活の支援や機能訓練などを行います。
  • 短期入所療養介護
    医療系の施設(介護老人保健施設、療養病床を有する病院または診療所)を利用し、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行います。

※サービス内容は各事業所により異なります。

対象者

要支援1,2 要介護1~5

費用

介護サービス費用

利用日数

短期入所を連続で利用する場合は、30日間までが報酬算定の限度となり、短期入所生活介護については、居宅に戻ることなく自費利用を挟み同一事業所を連続30日を超えて利用している場合は、連続30日を超えた日から1日30単位の減算となります。また、利用日数は、要介護認定等の有効期間の概ね半数を超えないようにするといった目安が設けられています。



お問い合わせ先

居宅介護支援事業所、実施機関または地域包括支援センター(ささえりあ)

関連するサービス

訪問看護に関するQ&A

他のQ&Aを見る